竹フローリングと漆喰の白壁で明るく仕上げたLDK。階段下には段状の収納を設置。床や収納の明るい木の色が、階段や柱など経年変化で濃い色になった古い建材とバランス良く調和している。


ご主人の鉄アートをブラケット照明の額縁に。三角のオブジェはPCデスクに利用。

夜のLDKの表情。照明の数はあえて少なめにして、心和ませるリラックス空間を創り出している。

お子様の背丈の成長が刻まれた古い柱はそのままに残し、全体と調和させている。
新旧の材が調和する、
アートを愛でるギャラリー
Profile
M様宅のLDKは、新旧の建具や素材が巧みに融け合うギャラリー空間。壁には照明を組み込んだ鉄の額縁やオブジェを飾り、しっとりと落ち着いた空間に仕上げました。

経年変化した既存の木材の濃い色と新しい木材の薄い色が調和し、鉄のアートを引き立てます。

ミサワホームイング関西中部