収納や梁に艶消しの黒や朱の赤といった色を採り入れ、床もパイン無垢材に独特の凹凸感をもつ「ちょうな仕上げ」を施し、和と洋を融合。壁も自然素材である珪藻土で仕上げた。

繊細に造り込まれていた天井や障子を残しつつ、新旧が調和した和モダンの空間を実現。

障子や長押、天井の造作は残しつつ、モダンな空間に。
必要だった3本の柱にさらに5本の柱を加えて8本の連柱にして、奥行きを感じる工夫を施した。
 
大胆な間取り変更から
生まれた空間は、
新旧が融合した
和モダンなデザインに

Profile
インテリアショップでご覧になったソファをとても気に入られたNさん。「ソファが似合う住まいにしたい」とのご要望にお答えしました。

ほとんど使われていなかった和室をなくし、階段を移動して生まれたのが約28畳ものLDK。
天井や障子等の和室の造作が繊細に作りこまれていたことから、それらを残しつつ、新旧が調和した和モダンの空間を実現。

遊びにこられたお友達も「落ち着く」といって以前より長居をしていかれる、寛ぎに満ちた大空間が誕生しました。

 


ミサワホームイング関西中部