天井には、廃材を塗装して再利用した格子を組みました。カウンターの椅子は、Hさまのお父さまの自作。

窓と外壁との間に坪庭を造作。古い石臼や植物で、わび・さびのある和の趣を演出。

既存のカウンターの上に板を貼って3mほど延ばし、塗装を施した。

Hさまの知人である僧侶の書も、味わいのある雰囲気作りに一役買っています。

南欧風のカフェバーを
雰囲気のある和テイストに

Profile
  開店5周年を機に、そろそろイメージチェンジを図りたいと、明るいナチュラルカラーの南欧風から一転、“和テイスト”“ほの暗い隠れ家”というイメージで、外構も内装も一新。

 新規オープン後は、30代〜40代のお客さまに人気のバーとなり、「担当の高濱さんも週に1度は顔を出してくれます」とHさま。担当者自ら居心地のよさを実感する仕上がりとなったようです。


ミサワホームイング関西中部