二世帯を楽しむリフォーム

2つの家族が円満に同居していくにはライフスタイルや価値観の違いなど、考慮しなければならないこともさまざまだ。そのとき、「住まいのかたち」は大きな意味を持つ。
それぞれの理想に沿った二世帯住宅はどうあるべきか。 「尊重」と「調和」が呼応する、心和む住空間のために。

二世帯三世帯が心おだやかに、愉しく暮らすためのポイントは、住まう人それぞれのライフスタイルを尊重しつつも、自然な形で各世代が調和しあえる住空間の演出が必要不可欠です。ライフスタイルの異なる世代が一緒に暮らす。 それはけっして難しいことではありません。あなたのご家族にとっていちばん心地の良いスタイルがみつかれば、親子が離れて暮らしているときには得られない心の栄養をたっぷりとることができるはずれす。あなたのご家族に合ったプランづくりを、ミサワホーミングがお手伝いします。

同居スタイル 完全同居 ほどほど同居 別々同居
基本的な考え方

寝室を除くすべての空間を共有するスタイル。人数の多い家族が一世帯で暮らしている感覚に近い住まい方です。親世帯と子世帯がにぎやかに交流する中で、家族のしきたりなどが自然に伝えられていきます。

親世帯、子世帯が生活時間帯を考慮し、必要に応じて玄関、浴室、キッチン、リビングなどを共有します。世帯別に生活空間を分けるスタイルなので、つかず離れずの適度な距離で暮らせます。

一軒の中を、完全に区切って暮らすスタイルです。「プライバシーを守ることで、お互いリラックスして暮らせる」という考え方のご家族におすすめです。区切り方は「上下分離」と「左右分離」があります。

家族の「ふれあい」ゾーンと「プライベート」ゾーン 家族の「ふれあい」ゾーンと「プライベート」ゾーン":区分けイメージ図
将来の融通性

親世帯のスペースに子世帯、子世帯のスペースに孫世帯と、状況に応じて住み替えが可能。分けた同居スタイルではないため、家族が増えときフレキシブルに部屋が利用できます。

親世帯のスペースをお稽古事に、また書斎やホビールームなどの部屋として。子ども(孫世帯)や兄弟姉妹と同居することも可能です。家族の状況に合わせて部屋を活用できます。

将来的には賃貸住宅、貸店舗などに転用しやすく、収益が期待できます。

image
伝統を育む心を伝える
お正月や節分、桃の節句など、」日本には四季折々に多様な伝統行事があります。 若い世代だけでは省略しがちな伝統行事も、三世代が同居することで、日本の伝統をしっかりと育み、継承することが可能です。
三世代で楽しむガーデニング
リフォームを機に、ガーデニングや家庭菜園を楽しめるスペースを設けてみてはいかがでしょう。セカンドライフのライフワークとしての家庭菜園は、心とお腹を満たし、三世代揃ってのバーべキューを盛り上げます。


  • セカンドライフを楽しむリフォーム
  • 男の居場所を楽しむリフォーム
  • 奥さまが主役の住まい
  • 耐震リフォーム
  • 二世帯を楽しむリフォーム
  • 中古マンションリフォーム
  • 外壁・屋根メンテナンス
  • ガーデニングを楽しむリフォーム
  • ペットと楽しむリフォーム