マンションリフォーム

思い切ったデザイン変更も可能。自由度の高いマンションリフォーム

掃除や洗濯などの家事があり、子育ての時間も大切。
趣味や友人とのおつきあいもあり、奥さまはいつも大忙しです。
それなら住まいも、奥さま思いの視点でつくれば、きっと快適。

ミセスも家族もはつらつと暮らせるライフステージを、しっかりと形にしてきましょう。

image 「間取り」を変更できる

マンションのリフォームには、内装と設備を全て取り除き全改築するスケルトンリフォームという方法があります。
間取り全体を変更できる大変メリットの多いリフォーム法ですが、マンションの建築工法によっては、スケルトン状態にできない場合もあります。
マンションの構造には、柱と梁で支えるラーメン構造と、壁と床で支える壁式構造があります。
ラーメン構造は比較的自由に間取り変更ができますが、壁式構造は住居内部に一部撤去できない壁が使われていることが多いので、間取り変更の際、制限を受けることがあります。

間取りimage 「水まわり」を移動できる?

水廻り imageキッチンやトイレなど水廻りの移動は、給排水の配管をどこまで動かせるかがポイントになります。
ただ、パイプスペースは上下階を貫いていることが多く、位置を動かすことは難しいためリフォームは制約されることになります。
大きな移動は難しいものの、どこまで動かせるかによって、壁付けキッチンを対面式キッチンやアイランドキッチンへの変更などは可能なこともあります。

どこまでリフォームできる?

マンションには個人の持ち物である専有部分と、所有者全員の持ち物である共用部分があり、リフォームできるのは専有部分だけということを知っておきましょう。
専有部分は、玄関ドアの内側から浴室やトイレ、キッチンや居室、ベランダの手前までのスペースです。
各戸の外の廊下、階段、エレベーター、ベランダやバルコニー、建物を支えている構造躯体は共用部分となり、リフォームすることができません。

賃貸物件として考えた場合の将来性は?

自分の好きなようにリフォームできるのが中古物件の特権ですが、将来、賃貸物件としての利用もお考えなら、自分にとって住みやすいことはもちろん、他の人にとっても住みやすい間取りであることが重要です。
また、人気のエリアとまではいかなくても、通勤通学に便利なロケーションであることが望ましいでしょう。

耐震性は大丈夫?

戸建住宅と違い、マンションは一室単位での耐震リフォームは難しいため、耐震性については要確認です。
1981年に施行された「新耐震設計法」を目安に考えると、マンションでは1983年築のものあたりから採用されているといわれています。



  • セカンドライフを楽しむリフォーム
  • 男の居場所を楽しむリフォーム
  • 奥さまが主役の住まい
  • 耐震リフォーム
  • 二世帯を楽しむリフォーム
  • 中古マンションリフォーム
  • 外壁・屋根メンテナンス
  • ガーデニングを楽しむリフォーム
  • ペットと楽しむリフォーム